4つの音楽入手法を比較!サブスク,CDレンタル,ダウンロード,CD購入。おすすめはどれ?

どうも、サックです!

 

音楽をゲットする方法といえば、以前は

  • CDを購入する
  • CDをレンタルする

ってやり方が当たり前だったよね。

 

けれど近頃は、

  • データをダウンロード購入する
  • サブスクで聴き放題(apple musicなど)

といった聴き方も出てきた。

 

その結果、どの方法にするか迷いやすくもなったと思う。

 

そこでこの記事では、どの方法で曲をゲットしたり聴くのがいいのか、4つの方法を比較したよ!

 

結論からいうとおすすめは、サブスクかCDレンタルを中心に使うこと。

あとは補助として、CD購入やダウンロード購入を使うスタイル。

 

 

スポンサーリンク

CD購入の特徴

まずは

  1. CDを購入してからパソコンに取り込む
  2. MP3プレイヤー(iPod、ウォークマンなど)やスマホ(iPhone、android)に入れる

ってやり方。

 

一応、買ったCDをCDプレイヤーで直接聴くこともできるけど・・・

CDプレイヤーって大きいから、高音質にこだわる人が自宅でやるくらいだと思う。

 

購入だしCDをつくる費用も入ってるので、この方法は値段が1番高い。

相場はシングルで500~1500円、アルバムで2300~3000円くらい。(DVDや購入特典が付くともっと高くなる)

 

一見デメリットが目立つ。

けれど

  • 歌詞カードやジャケットがほしい!(好きな物は集めたい)
  • CDの購入特典がほしい!
  • 他の方法では手に入らない曲が聞きたい!

ってことなら、敢えてCDを買うのがおすすめ。

 

サック

購入特典の有無はCDによるけど、アイドルのCDは特典ありが多い傾向。ポスターとか、握手券とか

 

ちなみにサックの場合は、好きなアーティストでも購入はしない。

だけど他の方法では曲が手に入らないときだけ、たま~にCDを買うよ。

メリット

  • 歌詞カードやジャケット、CDによっては購入特典が手に入る
  • 収集欲求が満たされる
  • 他の手段でゲットできない音楽でも手に入る
  • CDリリースしたらすぐに買える

デメリット

  • 値段が高い
  • CDの保管場所がいる
  • CDを購入したり、データを音楽プレイヤーやスマホに入れる手間がかかる

CDレンタルの特徴

続いて

  1. TSUTAYAやゲオなどのレンタルショップで、CDを借りる
  2. 借りたCDのデータをパソコンに取り込む
  3. パソコンからスマホ(iPhone、android)や音楽プレイヤー(iPod、ウォークマンなど)にデータを移動
  4. 借りたCDをレンタルショップに返す

という方法。

 

また、音楽取り込み用のCDドライブを使えば、CDから直接スマホや音楽プレイヤーにデータを移動できるよ。(パソコンなしでOKってこと)

CDドライブはこういうのね↓

出典元:I-O DATA CDレコ(CDRI-W24AI2BL) | Amazon

 

レンタルにかかる値段はシングルで100~200円、アルバムで200~350円くらいが相場。

手間はかかるけど、購入よりも格段に安く音楽をゲットできるのが魅力だね。

※パソコンまたはCDドライブを持っていない場合、それを用意するお金がかかるので注意!

 

最近はサブスクに人気をとられている。

けれど今でも、特定の音楽を聴くならお得。

 

個人的にたまに気になるデメリットは、CD発売からレンタル開始まで時間が空くってこと。

例えばTSUTAYAのレンタル開始日は、

  • 邦楽アルバムなら発売から3週間経った後の土曜日
  • シングルは発売した週の水曜日か土曜日

なので一刻も早く新しい音楽を聴きたいときには、向かない。

メリット

  • 特定の音楽を聴くだけなら値段が1番安い
  • CDの保管場所がいらない
  • (宅配レンタルの場合)無料お試しがある

デメリット

  • CDをレンタルする・返す・取り込むので、手間や時間がかかる
  • 歌詞カードやジャケット、CDによっては購入特典が手に入らない
  • マニアック過ぎる音楽はない
  • 店舗によっては品揃えが悪い
  • CDリリースからレンタル開始まで時間がかかる
  • パソコンまたはCDレコが必要

 

最近は店頭でなくても、ネットでもレンタルできるよ。

こっちの方が宅配でCDを受け取ったり送ったりできるので楽。

 

あとCDアルバム1枚あたり100円くらいなので、月に10枚借りたとしても約1000円。

実際は月に10枚借りても聴ききれないと思うので、もっと安くなるだろうけどね。

 

実店舗と宅配レンタルの詳しい違いはこちらにまとめたので、気になったらチェックしてみてね↓

 

ダウンロード購入の特徴

続いて

  1. iTunesやamazonなどで曲のデータをダウンロード購入
  2. 音楽プレイヤー(iPod、ウォークマンなど)やスマホ(iPhone、android)に入れる

という方法。

 

CDだと廃盤や在庫切れになることもあるってことで、10年くらい前から広まってきた方法だね。

ほしい曲を1曲ずつ買えることに魅力を感じる人もいるらしい。

 

配信は基本的に、CDの発売日と同じ。

ものによっては発売日より少し早かったり、遅いこともあるけどね。

 

相場は例えばCDアルバムの購入が3000円だと、ダウンロード購入で2000~2500円くらいになる。

1曲ごとに買うと、100~300円。

 

データだけなので、CDを買うより値段が安い。

 

とは言え購入なので、レンタルやサブスクよりは値段が高いけどね。

それでもレンタルやサブスクにはない、マニアックな音楽を聴きたい人に好評。

メリット

  • レンタルや聴き放題アプリにない音楽が手に入る
  • CDの保管場所がいらない
  • すぐに購入できる
  • CDを買うより値段が安い

デメリット

  • レンタルや聴き放題アプリより値段が高い
  • ダウンロード販売されていない音楽もある

サブスクの特徴

最後に

  1. スマホや通信可能なMP3プレイヤーに聴き放題アプリをインストール
  2. アプリから音楽を聴く

という方法。

 

他の方法のように音楽データを自分のものにするのはちょっと違って、アプリを経由してデータを一時的に使わせてもらうよ。

 

月額300~1000円で聴き放題になる有料サービスや、広告つきな代わりに無料で使えるサービスもあるよ。

 

3年くらい前から日本でも広まってきたんだけど、サービス開始したばかりのときは「邦楽曲が少ない」といった理由で人気がなかった。

だけど最近は、かなり豊富になってきた。

 

ただ残念なことに、配信されていないアーティストもいる。(B’z、ジャニーズなど)

 

また、聴ける曲や使い勝手などがそれぞれのサービスでかなり違う。

なのでダウンロード購入やCDレンタルより、どのサービスを選ぶかが大事になってくるよ。

 

色んな曲を聴くほどお得になるので、曲をたくさん聴きたい人におすすめ。

メリット

  • 曲を取り込むなどの作業はいらないので楽だし、パソコンもいらない(スマホだけでOK)
  • 気になった曲はすぐに聴ける(ただしラジオ型は、好きな曲だけを抜き出しては聴けない)
  • 無料お試しがあるサービスが多い
  • 特に若い世代に指示されるアーティストが積極的に参加
  • CDの保管場所がいらない

デメリット

  • 月額会員を退会したら、基本的にそれまで聴けてた音楽は聴けなくなる(サービスが終了した場合も同じ)
  • 配信されていないアーティストや曲がある(B’z、ジャニーズ系など)
  • Wi-Fiなしでストリーミング再生すると、通信量(ギガ)を消費する
  • ハイレゾには対応してないので、高音質にこだわる人は物足りなく感じる
  • 別のアプリに入っている曲と一緒に再生することはできない

どれがおすすめなの?

どれが1番おすすめかって言うと、できればCDを買ってジャケットや歌詞カード、購入特典も楽しむのがベスト!

だけど全ての音楽にそんなことをやってたら、値段がとんでもないことになるよねw

 

音楽ってハマればハマるほどお金がかかる。

なので長く音楽ライフを楽しむためにも、お金は大事にしたいところ。

 

ってことでちょっと気になるとかそこそこ好きってくらいのアーティストなら、CDレンタルかサブスクを使うのがおすすめ。

やっぱりCDレンタルや聴き放題アプリは、値段が安いのが魅力的だからね。

色々なアーティスト・曲を聞くことで趣味の幅が広がって、より好みの音楽にも出会えると思うよ。

 

ただ最新の音楽やマニアックな音楽は、CDレンタルやサブスクでは取り扱ってないことがある。

そのときはCDを買うか、データをダウンロード購入するかだね。

 

そしてあなたがお金を払ってでもジャケットや歌詞カード、購入特典がほしいと思ったアーティストは、CDを買おう。

 

つまり基本は、CDレンタルやサブスクを中心に使う。

で、他の方法は補助として使うスタイル。

これがおすすめ。

 

以上、よかったら参考にしてみてねー。

 

 
スポンサーリンク

今より手軽に、安い料金で音楽を楽しもう

お店に行ってCDレンタルはもう古い!

より手軽に、そして安い料金で音楽を楽しむ方法「宅配レンタル」と「音楽聴き放題アプリ」をランキング形式で発表中。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です