未分類

ボーイスカウトマン2(リュック)の試着レビュー!愛用者の口コミ付き

どうも、管理人のサックです。

 

先日バッグワークスの帆布リュック『ボーイスカウマン2』を試着してきたので、レビューするよ。

 

結論からいうと、色々な場面で使えて便利だし、帆布なので寿命も長い!

なので

見た目が気に入ったのなら、買っちゃっていいと思うよ。

 

 

スポンサーリンク

バッグワークスのボーイスカウトマンが気になった6つの理由

そもそもサックがBAGWORKSのBOYSCOUTSMAN 2に興味を持った理由は、以下の5つ。

  1. 帆布(キャンバス)を使っているから
  2. 30代でも使いやすい、シンプルなデザインだから
  3. 13インチPCがクッションケース付きでも入るかも
  4. 長い期間、キレイに使い続けられそうだから
  5. プライベートでも使いやすそうだから
  6. 店頭に置いてあったのはBOYSCOUTSMAN 2(最新モデル)だけだったから

 

帆布(キャンバス)を使っているから

サックは帆布のバッグが好きなのと、周りの人から「似合う」と言われることが何回もあった。

なので「新しいバッグを買うなら、帆布がいいなー」と以前から思っていたんだ。

 

30代でも使いやすい、シンプルなデザインだから

以前までは、装飾が多い・大きなリュックを使っていた。

ちょうどコレです↓

 
けれど30歳になったのを境に、子供っぽく感じることも増えてきたんだ。

んで、「シンプルで、30代でも違和感なく使えるリュックがほしいな~」と思うように。

 
そんなときにネットサーフィンをしてたら、ボーイスカウトマンシリーズを発見!

最初に見つけたのはBOYSCOUTSMAN 2じゃなくて、BOYSCOUTSMAN(旧モデル)だったんだけどね。

 

ボーイスカウトマンシリーズなら、30代でも使いやすそう!

 

装飾はあるけれど、少ないし。

色も基本的に統一されてるので、数少ない装飾も目立たない。
選んだカラーによっては、ワンポイントだけのアクセントがあるだけ。

あと長方形の直線的なシルエットなので、大人っぽさもある。
(長方形とはいえ、学生鞄とも雰囲気が違う)

 
帆布特有の可愛らしさはありつつ、30代でもあまり違和感なく使えそうだと思った。

 

13インチPCがクッションケース付きでも入るかも

ボーイスカウトマンシリーズのサイズは、旧モデルのBOYSCOUTSMANだと、W28.5cm×H37.5cm×D13cm。
新モデルのBOYSCOUTSMAN 2だと、もう少しコンパクトになって、W26cm×H36.5cm×D12cm。

一方、サックが使ってるクッション付きPCケース(Voovaの13インチ用)は、W25.5cm x H34.5cm x D2cm。

 

PCケースはこれね↓

 

つまり、ボーイスカウトマンシリーズとサックのPCケースは、ほぼ同じサイズ。

 
なのでちょうどPCをケースごと入れて移動できるかもしれない、と思った。

意外と「13インチ入ります!」っていうリュックでも、クッション付きケースごとは入らないことも多いからねぇ。
けれど(クッションが付いてるリュックならともかく、)完全にクッションなしで入れるのは心配。

ということでボーイスカウトマンシリーズのサイズ感は、かなり高ポイント!

 

また、PCやケースに対して、無駄に大きすぎないのもいいなと思った。

大きすぎると「大荷物を持ってる」という風に見えちゃって、個人的に好みではないから。
周りの人からも「どこか行くの?」「登山?」みたいに思われちゃうしね。笑

 

長い期間、キレイに使い続けられそうだから

帆布のリュックといえば、使っているうちに生地がクタクタになりすぎて、みすぼらしい姿になりがち。

けれどボーイスカウトマンシリーズの場合、PCがジャストサイズで入るとしたら、おそらく型紙の代わりになる。
すると生地がピシッとして、新品のようにキレイに使い続けられるかもとも思った。

 

プライベートでも使いやすそうだから

PCの持ち運びだけでなく、旅行中のバッグとしても活躍しそうだと思った。

 

例えば本革のリュックだと、田舎で使うには、気合が入りすぎに見える。

けれどボーイスカウトマンシリーズは、キレイめだけどカジュアル要素もある。
なのでどんな旅行先の雰囲気とも馴染みやすくて、結構使いやすいと思う。

 

また、普段友達と遊ぶときも、小さいバッグ(ボディバッグ)だと小さすぎるときがあった。
例えば季節の変わり目は、脱いだ上着をバッグに入れたくなる。

そんなときも、ボーイスカウマンシリーズが活躍しそう。

 

店頭に置いてあったのはBOYSCOUTSMAN 2(最新モデル)だけだったから

ということで気になったボーイスカウトマンシリーズを、実際に店頭で触ってみることに。

店頭にあったのは最新モデルのBOYSCOUTSMAN 2だけだったので、試着するのもBOYSCOUTSMAN 2になった。

 

試着したカラー

また、カラーはシルバーグレーとブラック(10周年限定)の2色を選んだ。

 

シルバーグレーは、下の画像の1番左ね↓

出典元:BOYSCOUTSMAN 2 │ BAGWORKS

 

BOYSCOUTSMAN2 ブラック(10周年限定)は完売してしまったようで、今は参考画像も見当たらない。
なので申し訳ないけど、ブラックは参考画像なしで。

 
ちなみになぜこの2色かというと、

  • どんな服装にでも合うように
    (ブラックやグレー、ホワイトといった無彩色)
  • 本革が帆布に色移りしても目立たないように
    (本革と帆布が似た色合い)

といった理由で選んだ。

 

ベージュ系やブラウン系の服をよく着る人なら、カフェオレ(画像の1番右)も使いやすそうだね。

出典元:BOYSCOUTSMAN 2 │ BAGWORKS

 

5つのメリット

BOYSCOUTSMAN 2を実際に試着してみて感じたメリットは、5つ。

  1. 肩や背中への負担が少なそう
  2. 13インチのノートPCも、ケースごと入る
  3. 満員電車や人通りの多いお店でも、邪魔にならない
  4. 意外と骨格ストレートでも似合う
  5. 会社にも持っていける

 
ちょうど店員のお姉さんも、ボーイスカウトマンシリーズを使っている人だった。
なので店員のお姉さんからの口コミもお伝えするね。
 

肩や背中への負担が少なそう

まず手に取って店員さんに言われたのが、肩や背中にクッションが入ってること。

見た目がスタイリッシュなので、商品ページを見たときには、クッションには期待してなかったんだけどね。
「紐の幅が広いから、スタイリッシュな割には疲れにくそうだなー」くらいの感覚で。

けれどクッションも、意外としっかりしてた。

 

しかも、このサイズ感のバッグにしては、軽い

 

これならパソコンのように重い荷物を入れても、疲れにくそう

 

13インチのノートPCも、ケースごと入る

店員さんに頼んで、いつも使ってるクッション付きのパソコンケース(Voova13インチ用)を実際に入れてみたよ。

すると形が崩れることもなく、余裕で入った!

 
PCケースとBOYSCOUTSMAN 2の幅がほぼ同じだから、入るか怪しいと思ったんだけどね。

想像以上に余裕だった。

 

また、ジャストサイズだから、もしBOYSCOUTSMAN 2の生地がクタクタになっても、PCやPCケースが型紙代わりになってくれそう。

うん、これなら長くキレイに使えそうでいい。

 

満員電車や人通りの多いお店でも、邪魔にならない

商品ページを見たときは、気にしてなかったんだけどね。
実はBOYSCOUTSMAN 2は、マチを2段階に調整できる。

 

なので荷物が少ないときは、マチを薄くして、コンパクトにすることも可能。
元々薄めの作りだけど、さらに薄くすることで、より人が多い場所でも使いやすくなるよ。

 
特に店員さんいわく、「私はコレを使うようになって、満員電車でもリュックが邪魔にならなくなった」とのこと。

実際に前に抱えてみたけれど、確かに今まで使ったことがあるリュックよりだいぶスリム。
邪魔にならなそうなのもだけど、低身長(150cm)のサックでも、スッポリと抱えられた。

 
また、個人的には、通路が狭いお店でも、後ろに背負ったままでも邪魔にならなそうでいいなと思った。

もちろん、あまりに狭かったり人通りが多い状況なら、前に抱えることになるけどね。
けれど前に抱えたとしても、スリムだから持ちやすい。

 

意外と骨格ストレートでも似合う

骨格診断って、あなたは知ってる?

ファッション関連の診断なのだけど、この診断結果を参考にすると、バランスがよくキレイになれるんだ。
例えば普段は太って見える人も、骨格診断を参考にすれば痩せて見えたりね。

 

「知らないよー」って人は、詳しくはこちらを参考にしてね↓

 

サックはおそらく、骨格ストレート。
上半身に厚みがあるので、バッグが薄すぎると、バランスが悪く、太って見えてしまう。

なので薄すぎるバッグだと、微妙。

 
一方、BOYSCOUTSMAN 2は、厚さ12cm。
めちゃくちゃ薄いってわけじゃないけど、リュックにしては薄め。

 
だから「リュックが薄めだと、もしかしてバランスが悪くなるのでは?」とも思ったんだけどね。

意外と太って見えない

 
痩せて見えるってほどではないけどね。
太って見えるわけでもないので、個人的にはまぁOK。

 

おそらくだけど、BOYSCOUTSMAN 2は、極端に薄いわけではない
だからあまり問題にならないんだと思う。

 

会社にも持っていける

店員さんが教えてくれたんだけど、BOYSCOUTSMAN 2は、会社員の男性で買っていく人も意外と多いそう。

たしかに、特にブラックやグレーだと、男性でも使いやすいだろうからね。
スーツに合わせてもカジュアルすぎないから、会社によっては良さそう。

 

3つのデメリット

ただしBOYSCOUTSMAN 2にも、デメリットはある。

気になったデメリットは、この3つ。

  1. カラーによっては、冬に使いにくい?
  2. 夏は蒸れそう
  3. 丸洗いできない

 

カラーによっては、冬に使いにくい?

店員さんが選んだカラーは「夏には合うけど、冬には使いにくい」のだそう。
たぶんブルーグレーかな?

ブルーグレーは下の画像の真ん中ね↓

出典元:BOYSCOUTSMAN 2 │ BAGWORKS

 

確かに可愛いけど、特に夏によく合う爽やかな色だよね。

 
ただ、ブルー系って、例えばグレーやベージュのコートと合わせるのも可愛い。

詳しくはこちらのサイトが参考になる↓

参考:青に合う色が、わかる!【定番~応用まで】|MINE(マイン)

 

他の色でも、「色名 合う色」で検索すると、参考になる画像が出てくるよ。

 
なので冬だと使いにくいカラーはたしかにあるけれど、使い方次第で可愛くなると思う。

 

夏は蒸れそう

BOYSCOUTSMAN 2の背面クッションは、メッシュクッションではない。

なので夏は蒸れたり、汗が染みやすいよ。

 
ただこの点は、後付けのリュック用背面メッシュパッドを使えば解決する

特に個人的には、ラミプリュス 夏はひんやり冬はほかほか! ひみつのポケット付き リュックの背当てメッシュパッドの会が涼しそうだしいいなーと思ってる。

横から見ると後付けメッシュパッドが見えて、若干ダサくなるかもだけどね。
夏だけの辛抱と思えば、個人的にはまぁ許容範囲内。

 

丸洗いできない

帆布のバッグは汚れても、すべて帆布で出来ていれば、丸洗いできる。

けれどBOYSCOUTSMAN 2は、本革も使われている。

そのため丸洗いすると本革が痛んでしまうので、丸洗いはできないよ。

 
ただ、部分洗いならできる。

なのでもし汚しちゃっても、気になる部分だけ洗えばキレイになるよ。

  
部分洗いのやり方はこちらが参考になる↓

お手入れ方法│倉敷帆布オンラインストア

 

旧モデル(BOYSCOUTSMAN)との違い

旧モデル(BOYSCOUTSMAN)はメルカリにも売ってるので、中古でよければ安く買えるんだよね。

なのでサックも試着する前は、「メルカリで買うのもありだな」と思ってた。

 
けれど今回、店員さんの話を聞いてるうちに、最新モデル(BOYSCOUTSMAN 2)の方が良いことがわかったよ。

 
旧モデルと最新モデルには、細かい違いはいくつかある。

ザっと並べると、こんな感じ↓

  1. サイズが少しコンパクトになった
    W28.5×H37.5×D13cm ⇒ W260×H365×D120mm
  2. 正面ポケットが大きくなった
  3. サイドにポケットがついた
    スリムにして使う場合は、ポコッと出っ張る
  4. 生地の防水加工がなくなり、分厚くなった
    パラフィン10号帆布バイオウオッシャー加工 ⇒ 8号帆布バイオウオッシャー加工
  5. 革ベルトの開け閉め用の金具が変わった
    スナップボタン ⇒ マグネットボタン
  6. 補強用の内装生地が付いた
    補強用の内装生地なし ⇒ 大判前後・ソコ部分の裏側に、補強も兼ねた内装生地を追加
  7. 選べるカラーが変わった
    サンドベージュ/テラコッタ/ネイビー ⇒ シルバーグレー/ブルーグレー/カフェオレ


中でも大事な違いは、

5.革ベルトの開け閉め用の金具が変わった
6.補強用の内装生地が付いた

この2つ。

 

もっというと、長期的なコスパ。

最新モデルの方が、長い期間使える

 
というのも、メインスペースの開け閉めが、旧モデルではスナップボタン。
そして最新モデルでは、マグネットボタンに変わったのだそう。

 

スナップボタンとは、指で押しこんで留めるタイプのボタンのこと。
固いので、結構、力がいる。

 

一方マグネットボタンとは、微弱なマグネットで留めるタイプのこと。
軽いタッチで開け閉めできる。

  
店員さんいわく、旧モデルでは、スナップボタンを外すとき力を入れざるおえなかった。

その結果、生地を引っ張って、穴が開いてしまうお客さんをよく見たのだそう。

 
けれど新モデルでになったことで、力を入れなくて済むようになった。

つまり生地に負担がかからなくなったので、穴が開く心配をしなくてよくなったんだ。

 

個人的には、旧モデルの方が、よりスマートでおしゃれだと思うんだけどね。
(サイドポケットもないスマートさがよかったのに、新モデルではついてしまった…)

ただ、それを差し置いても、新モデルの長くキレイに使えるコスパのよさの方がポイント高いと思う。

清潔感って大事だし、安い買い物じゃないからホイホイ買いにくいしね。笑

 

ということでもし買うならサックのおすすめは、最新モデルのBOYSCOUTSMAN 2です。

 

もちろんシルエットやカラーなどの好みもあるので、どちらを選ぶかは、あなたの自由だけどね。

 

総評~BAGWORKS BOYSCOUTSMAN2はオススメか?~

ということで、BAGWORKS BOYSCOUTSMAN2のレビューでした!

 

結論としては、

BOYSCOUTSMAN2の見た目が好きなら、買っちゃっていい。

 

カッチリした場からカジュアルな場まで使えて、使い勝手がいいからね。
持っておいたら便利かと。

 
もし使わなくなっても、メルカリなどで売る手もあるしね。

数年後でも、状態がよければ、おそらく6,000円くらいで売れるよ。

 

また、特に2022年だと、BOYSCOUTSMAN 2は発売されたばかり。

もし「買ったけど、やっぱりあまり使わなそう」という場合でも、すぐに売れば1万円くらいで売れると思う。

 

帆布だから寿命も長いことも考えると、実はかなりコスパもいい。

ザっとコスパを想定すると、こんな感じ↓

使用期間コスト
1年使った場合年間4,300円
計算式:(定価14,300円-売値10,000円)÷1年
3年使った場合年間3,433円
計算式:(定価14,300円-売値4,000円)÷3年
5年使った場合年間2,460円
計算式:(定価14,300円-売値2,000円)÷5年

 

もちろん売値は状態や相場にもよるから、あくまで参考程度だけどね。

 

ということで、よかったら参考にしてみてねー。

 

スポンサーリンク

-未分類