未分類

Echo Studioの実体験レビュー!Amazon Music Unlimitedとハイレゾに対応したオーディオ初心者向けの高音質スピーカー

2022年現在、最もお得にハイレゾを楽しめるサブスクサービスが、Amazon Music Unlimited

けれど必要となるのが、ハイレゾとAmazon Music Unlimitedの両方に対応したスピーカーまたはイヤホン(ヘッドホン)。

 

そこで今回は、両方に対応したAmazon純正のスピーカー、Echo Studio(エコースタジオ)をレビュー!

実際に購入して使ってみたよ。

 

結論からいうと、オーディオ上級者には物足りないかもしれない。

けれど初心者には満足できる製品だった!

特に低音の迫力がすごくて、自宅でもライブハウスや音楽スタジオのような音楽を楽しめるよ。

 

 

Echo Studioを選んだ理由

今回、Echo Studioを選んだ理由は、この3つ↓

  1. ハイレゾを聴きたかったから
    自宅で使うだけでよかった
  2. 据え置き型(充電しなくていい。自宅で使うだけなので)
  3. アクティブタイプ(用意する機器が最小限なので、オーディオ初心者でも楽)

ハイレゾを聴きたかった(ハイレゾ対応>ハイレゾ非対応)

ハイレゾに興味があったので、ハイレゾ対応を探すことに。

自宅で使うだけでよかった(スピーカー>イヤホン)

イヤホンやヘッドホンだと、長時間使ってると体に不調が起きることないですか?

サックはイヤホンだと、耳の中にデキモノができたり、なんかグジュグジュしてくる。
ヘッドホンだと頭痛がしたり、首が痛くなったり…

一方、今は自宅で仕事をしてるので、外で音楽を聞くことが少ない。

なのでイヤホンやヘッドホンでなく、自宅だけで使えるようにスピーカーでいいなと思ったんだ。

機材を色々用意するのは面倒だった(アクティブスピーカー>パッシブスピーカー)

ハイレゾ対応のスピーカーには、大きく分けて以下の2種類があるんだよね。

  1. パッシブスピーカー
  2. アクティブスピーカー

 

語句の解説

①パッシブスピーカーとは、アンプ(電力を調整する機械)を搭載していないスピーカーのこと。

スピーカーで音を出すにはアンプが必須。
なので別途アンプを選んで、用意することになる。

(選ぶアンプによっても、音が変わる)

 

一方、アクティブスピーカーとは、アンプを搭載しているスピーカーのこと。

カスタマイズ性は下がるけれど、用意するものは少なくて済む。

 

このうち、初心者にとって楽なのは、アクティブスピーカーだと思った。

用意するものが少ない分、あれこれ悩まなくて済むから。

充電するのは面倒だった(据え置きタイプ>充電タイプ)

ハイレゾ対応のアクティブスピーカーを調べると、持ち運びもできる充電タイプが多かった。

けれど自宅で使うだけなので充電できなくていいし。
むしろ充電するのが面倒なので、充電できないタイプ(据え置きタイプ)がいいなと思った。

充電コードを挿しっぱなしで使うと、バッテリーが痛みやすい分、膨張もしやすいだろうしね。

前だけでなく、左右からも音を聴ける

この時点で候補にあったのは、この2つ。

  1. Amazon Echo Studio
  2. ONKYO P3 ( VC-PX30 )

ONKYO P3は安いから、一見すると魅力的に思ったんだけどね。

けれどAmazon Echo Studioなら、スピーカーが前方向だけでなく、左右にもついている。

だから部屋のどこから聴いても、音楽を楽しめると思ったんだ。

※もちろん、スピーカーがついてない後ろ方向は除く

 

ってことで、Amazon Echo Studioを買ってみた。

 

Echo Studioを使って良かったこと

実際にEcho Studioを使ってよかったことは、4つ。

ハイレゾ初心者でも、簡単に使い始められる(用意するものが少ない)

先程も言ったように、Echo Studioはアクティブスピーカーだから、用意するものが少なくて済むんだよね。

だからオーディオ初心者のサックでも、あれこれ悩まなくて済むだろうと思って買ったわけだけど…

 

思ったとおり、楽ちんだった!

Echo Studioだけ用意したら、あとはAmazon Music Unlimitedに登録するだけ。

「アンプはどれを選べばいいんだろう?」「音が出ないぞ?」みたいに、何時間も悩まなくて済んだよ。

また、スマートスピーカーなので本体やスマホでの設定は必要だったけど、10分もあれば終わる簡単な設定だけだった。

 

ハイレゾ以外の音楽も大迫力

実際にEcho Studioで音楽を聴いて衝撃を受けたのが、低音。

ハイレゾの曲はもちろん、CD音質の曲でも迫力がすごい!

 

まるで音楽スタジオやライブハウスにいるかのような、ズシンと迫力のある低音。

これを自宅で聴けるのは、めっちゃ楽しい。

 

オーディオに詳しい人だと「音量バランスがー」とか気になるかもだけど、個人的にはこれだけの音がよければ満足。

 

また、聴いてるときは「床を這うような音漏れが起きるんじゃない?」と心配だったけど、意外と音漏れはない。

床でなく机や棚に乗せて使っているからか、小さめな音量で聴いているからか。

マンションだけど苦情は一切来ないし、家族からも何も言われないよ。

 

ハイレゾはもちろん、ハイレゾ以外の曲でもこの低音を楽しめるのは嬉しい!

 

Amazon Music Unlimitedを解約しても、他のサブスクを使える(無料のSpotifyやAmazon Music Freeも)

Echo Studioは初期設定だと、Amazon Musicを優先して使うようになっている。

けれど専用アプリで簡単な設定をすれば、他のサブスクに切り替えられる。

対応している音楽サブスクは、以下のとおり。

 

なので例えば

「今はAmazon Music Unlimitedのハイレゾ対応曲が多いけど、Apple Musicのハイレゾ対応曲が増えたら、Apple Musicに切り替えたい!」

という場合でも、切り替えできるってこと。

 

また、サックの場合「今月はあまり音楽を聞く機会がなさそうだから、ハイレゾを聞かなくていいや」というときは、Amazon Music Unlimitedを解約して節約してる。

軽く音楽を聞きたいだけなら、無料のAmazon Music FreeやSpotifyでも満足するから。

 

こういったときも、Amazon Music Unlimited以外の選択肢があるのは便利。

 

タイマーや時間確認、日付確認が便利

あと音楽とは関係ないんだけど…

意外と役立ってるのが、タイマーや時間確認、日付確認などの基本機能。

特にオススメなのが、夜間の時計代わりにすること。

もちろんスマホでもできることだけどさ、スマホだと

  • 手元にない→探してるうちに目が覚めてくる
  • 画面を見ないといけない→画面の光で目が覚めてくる
  • 一度触り始めると触り続けてしまう→寝られなくなる

みたいなことが起きた経験ない?

その点、Echo Studioだと声だけで操作できるから、睡眠を邪魔しない。

 

あとサックは運動不足解消に筋トレをやってるんだけど、休憩時間を測るのもサッとできて好き。

もし家族との共有スペースに置くなら、キッチンから声が届く場所にして、キッチンタイマーとしても使うと便利そうだね。

 

Echo Studioを実際に使って微妙だったこと

Echo Studioは音質がいいし便利だけど、微妙なこともある。

気になったのは、この3つ↓

  1. たまに聞き間違いが起きる
  2. 外部入力は使えないことが多い
  3. 学生プラン・ワンデバイスプランでハイレゾは聴けない

たまに聞き間違いが起きる

iPhoneのSiriでもよくあるように、購入前から少し心配だったのが、聞き間違い。

 

実際のところ、聞き間違いはたまに起きる。

例えばSpotifyを使ってるときに「Adoの曲を流して」と言う。

すると「Spotifyでアドラジオを流します」と間違えられちゃう、みたいな。

 

Amazon Music UnlimitedやAmazon Music Freeだとちゃんと聞き取ってくれるから、問題ないんだけどね。

あと聞き間違いが起きるのはたまにだから、気になるほどではないし。

サックは滑舌は悪い方で、周りの人からよく「なんて言ったの?」と聞かれる。

にも関わらず聞き間違いがほとんど起きないのは、むしろ優秀。

わざわざハキハキしゃべらずに自然なしゃべり方でも(というか、多少噛んでも)しっかり聞き取ってくれる感じ。

音声入力といえばSiri(iPhoneのやつ)が有名だけどより、Siriより優秀だと思う。

 

外部入力は使えないことが多い

スペック上、Echo Studioは外部入力(ライン入力)ができるはずなんだけど…

なぜか反応するときとしないときがある…。

 

以前はしっかり反応したのに、今は反応しなくなったから、システム更新の影響でエラーが起きやすいのかも。
それか接触不良でも起きてるのか…

 

なので例えば

  • ゲームやテレビのスピーカーとして使う(ホームシアターみたいな使い方)
  • PCやスマホにダウンロードしたハイレゾ音源を流す

みたいな使い方は不可能ではないけど、あまり期待しない方がいいと思う。

学生プラン・ワンデバイスプランでハイレゾは聴けない

月額380円という破格でAmazon Music Unlimitedを楽しめる、ワンデバイスプラン。

この存在を知ったとき、サックは「Echo Studioでワンデバイスプランを使えば、格安でハイレゾのサブスクを楽しめて最強じゃね?」と思っていました。

けれど残念ながら、ワンデバイスプランは、ハイレゾ非対応。(ついでに学生プランもハイレゾ非対応)

まぁハイレゾを提供するには、Amazon側もたくさんのお金がかかるだろうからね。
格安で提供してたらAmaozn側が赤字になっちゃうのかもだし、仕方ないね。

まとめ〜総評〜

入力(特にライン入力)が安定してできたらより嬉しいけど、今のままでも十分使える。

単純なスピーカーとしては、オーディオ上級者には物足りないかもだけど、入門者なら大半が満足できるんじゃないかな。

 

個人的には、買ってよかったと思える一品。

 

ということで、よかったら参考にしてみてね〜

 

-未分類